ナイトウェディング・トップへ > 人数が多い二次会は開きにくい

人数が多い二次会は開きにくい



結婚式、披露宴は少ない参加人数だったのが、その後の二次会になると
かなりの人数に増えるということはよくあることです


結婚式、披露宴にはどうしても呼べる人数に限りが出てきますが、
二次会にはお互いの友人たちがフルに参加します。全員で束になって
新郎新婦を祝福します


もちろん二次会には個人差があり、本当に自分の身内の知り合いだけで
集まってカンタンに終わらせる方もいれば、このように大勢の人数で
会場を取って開くところもあります


そう、この「二次会の会場」が問題なんですよ


新郎側、新婦側、両方あわせて10人程度ならば、ちょっとオシャレで
静かなバーなどで開けばOKなのですが、両方あわせて参加人数が
50人となってくるとそうはいきません


どこかの大きなホテルを会場として借りるなり、披露宴を開いた
式場の二次会専用の部屋を借りたりといったことをしなくては
いけません


しかし・・・ナイトウェディングは終わるのが遅い


ナイトウェディング終了


ナイトウェディングだと普通の結婚式の二次会が始まるぐらいの
時刻から披露宴が始まり、二次会が終わる8時〜9時ぐらいに披露宴が
終わります


すると式が終わるころにはそういったパーティ用の大きな会場が
空いていなかったりするんですよ。よって二次会の会場取りをする
幹事が非常に泣かされたりします


大勢の人数だった場合は、どこかの店を貸しきる以外の方法は
まず無いと考えておいてください


あと遠くから仕事を休んで来ている友人たちが二次会には参加して
いきたいのに、次の日の仕事のために帰らなくてはいけないときなど、
新幹線が無くなってしまうので参加することが出来ません


よって、ナイトウェディングは大勢の人数が参加する二次会を
考える方にとっては不向きな一面もあります


ただ場所も取れて、次の日が土曜、日曜といったときに開催すれば
遠方から駆けつけてくれた友人も参加できるので、これは地域性と
幹事のウデにかかってきます

関連エントリー

ナイトウェディングについて

結婚式前までの準備

ナイトウェディングの手順

ブライダル情報リンク

結婚について

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 ナイトウェディング~ステキな夜の結婚式~. All rights reserved